転職の現状〜与えるイメージ〜

「転職」の一般的なイメージ

終身雇用が大前提だった時代までの日本では「転職」は、「飽きっぽい人」「長続きしない人」のように見られ、ほとんどの場合でマイナスのイメージを与えていたが、終身雇用制度が崩壊した今は違う。転職者は年々確実に増えているし、新卒で入社しても「その会社で一生働くつもりはない」と考える転職予備軍も増えてきている。

未だに保守的な大手企業の中には、転職をマイナスイメージでとらえるところもあるにはあるが、昨今のほとんどの企業では「普通のこと」として受け止めるようになってきた。

だからといって、どんな転職に関してもマイナスイメージを与えないということではなく、よいイメージがもたれるのは、「前向きで、意味の感じられる転職」のみだ。

自分のやりたい仕事をやるため、キャリアアップのため、目標を達成させるために転職をするのだ、という前向きな意思が感じられるような転職のみであり、不満ばかりの転職では当然ながら、当人の非を疑われることになる。

やはり、企業側としてみれば転職を何度も繰り返す人に対して警戒心を持つだろう。
「飽きっぽい人、落ち着きのない人、責任感のない人、我慢が足りない人」などと判断されるかもしれない。「採用しても、どうせまたすぐに辞めてしまわないだろうか」と思われてしまう。転職活動は、この点を充分認識して行うべきであろう。

今現在、転職を考えている人は、転職先の企業が自分の履歴書を(特に職歴)見たときにどんな印象を持つだろうかということを一度考えてみると良いかもしれません。

スキルアップのためという理由だとしても、短期間で辞めていたり、中途半端な時期に辞めていたりということが多いとマイナスイメージを与えることは必至です。

一般的に、昔ほど転職に対するイメージは悪くなくなりましたが、当然、前向きではない転職に関してはマイナスイメージを与えてしまいます。

.

【転職を有利に進めるカンタンな方法について】

※転職は転職支援サイトを使えばとても簡単に進めることができますよ
>>人気ランキングのページ

.

あなたの適正年収をご存知ですか?適性年収を計算してみる