転職に比較的有利な時期について

転職に比較的有利な時期について

今の仕事を辞めて転職したい、と思う動機は人によってさまざまでしょう。「自分のキャリアアップ、スキルアップのため」という場合もあれば、「人間関係がうまくいかない。上司がバカだ。待遇が良くない」という場合もあることでしょう。

しかし、「少しでも有利な条件で転職したい」「たくさんの選択肢の中から転職先を選びたい」と思うのなら、すぐに次の職を見つけるのではなく、戦略を立てて少し考えてみた方が後々のためになるかもしれません。

転職するのに比較的有利な時期があり、その時期が来るまで現職にいた方が有利である場合があるということです。

実は、求人数は季節、時期によって変動します。一般に、6月と12月には減少し、3月と10月に最も多くなる傾向があります。理由として、6月は新卒入社の新人が配属される時期、12月は年末のため企業は採用を控えがちであり、3月と10月はそれぞれ企業の年度が変わる時期で、異動や社員の退職が発生するため、その補充として採用を考える企業が増えるのです。

ですが、営業職や一部の技術職などは時期に関係なく一年中採用している企業が多く、また業績を伸ばしている企業や業界では、同じく時期を問わず大量採用を行う場合もありますので、情報収集は欠かさず行うべきですが、これらを1つの参考に情報収集・戦略立てをし、転職の準備をするようにしましょう。

.

【転職を有利に進めるカンタンな方法について】

※転職は転職支援サイトを使えばとても簡単に進めることができますよ
>>人気ランキングのページ

.

あなたの適正年収をご存知ですか?適性年収を計算してみる