年収アップが転職の目的なら再考の余地があります

転職を考える理由が「(今の会社の)給料・待遇がよくないこと」である場合もあるでしょう。「転職するならいまより年収アップを図りたい」と思うはずです。

自分の能力に自信があると、つい転職するならもっと年収アップを実現させないと、と交渉してしまう人がいます。これも要注意。なぜなら、年収が高いということは、それだけ期待度も高い、それに見合った仕事をすぐに要求されることになるわけです。身の丈にあった交渉を心がけましょう。

年収がアップするケースとして、


  • これまでのキャリアを生かして顧客を引っ張ってこられる人(つまり、即会社の利益に大きく貢献できる人)

  • マネージメント職、リーダー職の経験がある人

  • その会社にヘッドハンティングされた人


が挙げられるが、稀なケースとして捉えておくべきだ。

転職は、目標というより手段です。キャリアアップという目標に向かって、手段として転職が適切かどうかが判断の一つになります。そのためには、自分にない経験を積むために給与を多少下げることもあるかもしれません。

よく、「給与は下げたくないけど、転職(キャリアチェンジ)したいという人がいます。若い人ならまだしも、20代後半以降になるとこれは極めて自己中心的な考え方といえます。会社は、その人の可能性を買うわけではなく、経験や経験に基づく能力や知識を買うわけですから、当然年収は下がるということにならざるを得ません。

転職の目的は何か?年収アップが目的なら、再考の余地がありそうです。

.

【転職を有利に進めるカンタンな方法について】

※転職は転職支援サイトを使えばとても簡単に進めることができますよ
>>人気ランキングのページ

.

あなたの適正年収をご存知ですか?適性年収を計算してみる