人事担当者は職務経歴書のどこを見るのか?

人事担当者は職務経歴書のどこを見るのでしょうか?ポイントをいくつか挙げてみます。

1、この人は即戦力となりうる知識と技術をもっているか?

企業の要求する知識、技術、希望職種が一致する場合、採用へのファーストステップが踏まれることになる。故に、職務経歴書には職務内容、実績、資格などをできるだけ詳しく書くようにしよう。採用担当者は常に「この応募者は求めている人材にどれほど近いか」を考えているので、企業のニーズと合致する部分は特に詳しく書いて強調する。それ以外のところは簡潔にまとめるようにしよう。企業のニーズを下調べしてから書くのが望ましいでしょう。

2、仕事への意欲はいかほどか

提出を求められているから仕方なく書いているのか、積極的にアピールしようとして書いているのかが、職務経歴書の文面、書き方に表れてしまう。採用担当者はその心情=仕事への熱意と捉える判断材料にする。当然、企業は前向きに仕事に取り組む人の方を歓迎する。前歴からキャリアアップの意欲が感じられる人が有力候補となる。

3、表現力、アピール力、文章力

職務履歴書には決まった書式が無いため、書き方は各自の裁量に任されている。つまり、職務経歴書をどう書くこと自体、その人の能力が試されているということになる。見た目がきれいで、情報が適確にまとめられてあれば、実務能力があるとみなされるだろうし、文章から、アピール力、文章力も測られることになるだろう。どんな職種でも、自己アピール、文章力は必要となるので、じっくり練って書くようにするべきである。

4、未経験者の場合、採用職種のニーズに合った技術や経験をもっているか

もし未経験の業種に転職希望の場合、これまでの経験のなかから志望職種のニーズにあったもの、またはできるだけ近いものを強調させる書き方を心がける。自分の武器としてしっかりアピールしよう。


この中でも、職務経歴書を書く際に特に意識してもらいたいのが第2項のポイントです。1項や3項などの力は短期間に養うことは難しいですが、仕事の意欲は今現在のあなたの気持ち次第だからです。また、職務経歴書だけでなく、実際に仕事に就いたときも、前向きな気持ちを持っていれば成功する確率は高まることでしょう。

.

【転職を有利に進めるカンタンな方法について】

※転職は転職支援サイトを使えばとても簡単に進めることができますよ
>>人気ランキングのページ

.

あなたの適正年収をご存知ですか?適性年収を計算してみる