採用に至るまでの流れについて

【転職活動における、面接〜採用までの過程】

面接試験は通常、複数回行われる。一般的な流れとして

@会社説明会
Aエントリーシートの提出
B1次面接
C2次面接
D3次面接       ※あくまで一般的な例ですので、参考までに。

となるが、それぞれ面接官が異なる。
1次面接:若手社員(先輩として、一緒に働きたい後輩となりうるか)
2次面接:管理職(志望動機や関心、戦力となりうるか)
3次面接:役員などの経営幹部(総合的視点からチェック)

一般的な採用のプロセスとして、まずは会社説明会があり事業内容などの説明を聞いたうえで、応募したい人がエントリーシートを提出する。エントリーシートで、ある程度選考が行われ、その後数回の面接試験が行われる。


【面接試験突破のポイント・秘訣】

面接試験突破のポイント・秘訣として、面接官によって態度・姿勢を適度に変えることが挙げられる。例えば、面接官が若手社員のときは、良い後輩、使える後輩だと思わせるように振る舞う。腰が軽くて意欲的な姿勢を見せたい。能力があるとアピールしたいのはわかるが、あまり生意気な態度はとらない方が無難であろう。

管理職クラスになると、ある程度ならば興味を持ってもらえる可能性はある。個性をアピールするのを良しと思える人だと、ポイントも高くなるかもしれない。

ただ、どの世代にも共通して言えるのは、物腰が柔らかく、そして礼儀正しい人物は好印象を残せるということだ。

.

【転職を有利に進めるカンタンな方法について】

※転職は転職支援サイトを使えばとても簡単に進めることができますよ
>>人気ランキングのページ

.

あなたの適正年収をご存知ですか?適性年収を計算してみる