面接試験における服装について

転職活動で、面接における服装はどのようなことを心がけるべきでしょうか?

よく、就職・転職活動中の服装は、リクルートスーツでと言われるが、特別に服装の決まりはない。

ただ、業種に合わせてふさわしい服装というものがあり、結果的にそれが面接試験突破の必要条件となる。

●業種や職種に適した服装で面接をする

この服装で絶対合格。という服装はもちろんないが、ほぼ間違いなく不合格になる服装はある。それは、その業種、職種に不適当な服装、業界の特徴を研究していないと思われる服装のことだ。

例えば、服装に関しては保守的だといわれる銀行やホテルでは、個性的なお洒落や、茶髪などはプラスイメージとしてとられないだろう。また、先端的なファッションセンスが必須な業界では、画一的で没個性的なリクルートスーツでは高い評価を得ることは難しいだろう。

つまり、好評価につながる服装とは、その業界や職種、会社を理解していると思わせる服装のことになる。その会社のイメージを考え、適した服装で面接には臨みたい。


●「悪印象を与えない服装」で臨むのが無難

服装のセンスを重要視するのは、わずかな業種に過ぎない。ほとんどの業種は、不適切でない服装でない限り、なんでも良いわけだ。センス重視の業種でないなら、「センスのよい服装」より「どれだけマイナス点をつけられない服装」をするかに気を配った服装で面接に臨もう。

.

【転職を有利に進めるカンタンな方法について】

※転職は転職支援サイトを使えばとても簡単に進めることができますよ
>>人気ランキングのページ

.

あなたの適正年収をご存知ですか?適性年収を計算してみる