マナーとしての情報収集

「面接の時のマナー」としての情報収集について

●基本的なマナーとして、その企業に対する積極的な関心を示す

転職活動の際、場慣れのためや、第二志望以下としての応募での面接など、とりあえず面接試験をうけるケースがありますが、投げやりな態度で臨むのはマナー違反です。たとえ志望順位が低くても、その企業の面接を受ける限り、自分なりにその企業への興味や関心を示すべきである。

面接では「その企業に対する積極的な関心」を示すことは基本的なマナーとなります。

同様に、第一志望の場合は、その企業の魅力や将来性について自分の言葉で語ることが出来ることができればかなりの高得点となります。面接でのよく聞かれる質問として「当社を志望する理由は何ですか?」というのがあるが、この時に言葉に詰まってしまうようでは準備不足です。

その企業の事業内容や沿革、魅力や将来性についても事前に下調べをしておき、自分の意見として話せる準備をしておく必要がある。情報源として、企業案内、ホームページ、新聞、雑誌などから積極的に集めて自分の中で整理しておきましょう。

また、新聞や雑誌などに掲載されたその企業の事業やニュースなどの記事や、その企業の提供する製品やサービスをお客として利用した経験などから関心のきっかけとなったなどエピソードを交えながら話すとなお良いだろう。

.

【転職を有利に進めるカンタンな方法について】

※転職は転職支援サイトを使えばとても簡単に進めることができますよ
>>人気ランキングのページ

.

あなたの適正年収をご存知ですか?適性年収を計算してみる