第一印象をよくするための注意点

●転職活動における、面接突破のコツ 〜第一印象を良くするコツ〜

通常、人間はまず見た目の第一印象で相手の好き嫌いを決める。これは何も、外見の好みを言っているのではなくて、清潔感や誠実感などを第一印象からある程度(あるいは無意識的に)判断するのだ。

面接官も同様に人間なので、求職者について第一印象で評価の数割が決まってしまいます。

ここでは、第一印象を良くし、面接官に良い印象を持たせ面接を成功させるための高感度アップの方法を挙げてみます。


【面接で、第一印象をよくするための5ヶ条】

@清潔感を与える服装をする

ファッション業界など、ある特定の業種を除いて、面接に臨む際に個性的な服装をという考え方は不要である。

ごく普通の服装、スーツにネクタイでよいが、くたびれたスーツや、ダブルのスーツは不利になるので要注意だ。スーツは白で、ネクタイも無難な落ち着いた色、柄であるのが望ましい。

A清潔感を与える髪型をする

髪型も、服装と同様の捉え方でよいだろう。茶髪などは、昔ほど抵抗感は無くなっているかもしれないが、職種によってはかなりの確率で不利となるところも少なくない。現実に、その応募する職業に適しているか考えてみるとよいだろう。

B皮のカバンを持っていく

面接には、皮のカバンを持っていきましょう。リュックサックや、サイドバックなどは不適です。普段の仕事でも使うようになるでしょうから、持っていない人は面接の前に買っておいても損は無いでしょう。

C手帳を持参する

面接会場に入ったら、さりげなくテーブルの上に手帳を出す。必要な情報を書き取るのはもちろんだが、一つの、ビジュアルな効果も与えられる。二次面接の日にちなどを告げられた際、間違ってもいただいた会社パンフレットなどに書くのはやめよう。

手帳などでしっかりスケジュール管理ができるといことだけでなく、誠実さも伝わってきます。

D笑顔で明るい声で話すこと

あいさつや、面接での受け答えなどで声が低く、ぼそぼそと話す人はかなりマイナスポイントです。他の社員とうまく協調できないと判断されてしまうからだ。当然、接客業ではよっぽどのことがない限り、内定を得るのは難しいだろう。笑顔で明るい声で話すように日ごろから練習しておきましょう。


以上、面接での第一印象をよくするための5ヶ条は最低条件です。しかし、なかなか出来ていない求職者が面接を担当していると目に付きます。

第一印象は思ったよりも強力で、求職者の受け答えも同じ言葉にしても与える印象が変わってくる事さえあります。まずは、第一印象を良くするという基本に立ち返って自分を再確認し、面接に臨むようにするとよいでしょう。

.

【転職を有利に進めるカンタンな方法について】

※転職は転職支援サイトを使えばとても簡単に進めることができますよ
>>人気ランキングのページ

.

あなたの適正年収をご存知ですか?適性年収を計算してみる