退職時に会社から受け取るもの

退職時には会社からもらうべき様々な書類があります。いずれも大事なものですので、漏らすことなく全て受け取りましょう。ほとんどのものが会社からもらえると思いますが、世の中色んな会社があるので注意が必要です(笑)

転職に伴う退職時に、会社から受け取るもの


  1. 雇用保険被保険者離職票

  2. 通常、退職後10日以内に交付されます。退職日、退職前の賃金額や退職理由などが書かれた証明書です。
    ハローワークで失業給付の受給手続きの際に必要となるものですから、退職時にすでに転職先が決まっている場合は必要ありません。会社の担当者が会社の管轄の公共職業安定所で手続きを行うため、退職後1〜2週間後に手元に届くこともあります。2週間を過ぎても交付されない場合はハローワークに申し出ましょう。

  3. 雇用保険被保険者証

  4. 退職後に、ハローワークで求職の申し込みや失業給付の手続きに必要になります。また、再就職時に新しい会社に提出する必要があります。

  5. 源泉徴収票

  6. 退職時までにあなたが受け取った年間の給料の額、社会保険料の金額、源泉所得税の金額が書かれた書類です。年内中に再就職したときは新しい会社に提出することになります。

    所得税の年末調整や確定申告の際に必要です。年内に再就職をしなかった場合には自分で確定申告を行うことになりますが、その際にも必要となります。

  7. 年金手帳

  8. 厚生年金保険の加入を証明する手帳です。再就職先でも同じものを使用するので、会社が保管している場合には必ず受け取りましょう。また失業中に国民年金の種別変更をする際にも必要になります。
    再就職した際は、新しい会社に提出してください。

  9. 健康保険被保険者資格喪失確認通知書

  10. 失業中に国民健康保険への切り替えを行う場合に必要です。

  11. 厚生年金基金加入員証

  12. 退職前の会社で厚生年金基金に加入している場合に返却されます。将来年金に加算して受け取る場合に必要となります。また、脱退一時金などを受け取る場合にも必要です。

.

【転職を有利に進めるカンタンな方法について】

※転職は転職支援サイトを使えばとても簡単に進めることができますよ
>>人気ランキングのページ

.

あなたの適正年収をご存知ですか?適性年収を計算してみる