「自分の将来像・展望」で自己アピール

【転職活動の面接の準備】

面接で、将来の展望を聞かれる質問、具体的には「自分のキャリアプランについてどうお考えですか」「10年後のあなたはどのようになっていますか」といった質問は、自己PRのチャンスです。

「今後〜というようになっていきそうですが、自分はこのように関わっていきたいと思う」などと、志望している企業やその業界全体のことについて、自分がどれくらい情報を仕入れているか、そして将来の展望をどのようにかんがえているのかを相手に伝えられれば、大きなプラスとなります。

例えば、高齢者を対象とする業種を志望する場合、「今後高齢者はどんどん増加するが、寝たきりの老人よりはむしろ元気な人が増えるはずなので、その人たちが仕事を離れた後、どのように人生を送っていくのかということがますます注目されてくるだろうと思います。自分は、今まで接客業で培ったスキルをいかし、高齢者に対して充実感を与えられる生活のお手伝いをしていきたいと思います。」


●業界の解説本や専門誌は良いテキストとなる

業界研究のためには、全体像をつかむために解説本で勉強しておくとよい。また、各業界には専門の新聞や雑誌があるので、それにも目を通してその業界の関心テーマを覚えておこう。
これらは、書店の就職関連本のコーナーで見つけることができます。

●予習のポイント

@志望業界全体の見通し・展望
・成長の見込みのある業界であるか
・成長期にあり、今後方向転換の可能性があるか  など

A自分はその業界で何をしたいのかをはっきりさせる
・営業をしたいのか、開発をしたいのか etc...
・どんなスキル、経験、能力をいかせるのか

B自分の生涯のテーマを考える
・単に「企業で働く」ことを超えた自分のテーマを持ちたい。例えば、「人を癒すこと」など、仕事をすることを通して達成できる自分の目的を考えておく。

.

【転職を有利に進めるカンタンな方法について】

※転職は転職支援サイトを使えばとても簡単に進めることができますよ
>>人気ランキングのページ

.

あなたの適正年収をご存知ですか?適性年収を計算してみる