面接の受け答えには「キーワード」を盛り込んでアピールしよう

【面接での受け答えは、キーワードを効果的に用いて、自分を理解してもらう】

面接官は、この応募者はどういう人間かということを知りたがっている。それを上手に手助けして自己PRをするために、面接の受け答えに「キーワード」を入れるように心がけましょう。具体的には、「自分はこんなことができる」という強み、「こういうことをしたい」という将来の希望、さらには他人とは異なる経験をアピールできる言葉を持つことです。

つまり、「自分が最もアピールしたいこと」を考え、キーワード化しアピールできるように準備しておくことが、有利に面接を進めることにつながるのです。

エントリーシートにおいても、面接官はそれを通して応募者のことを知ろうとするわけですから重要となります。この場合、「質問を誘う」書き方を心がけましょう。面接官が、自分を「この人はこんな人」と見出しをつけやすいようにするのがポイントです。


●あなたのキーワードの見つけ方

@あなたのセールスポイントは?
「体力、腕力に自信あり」
「数字などの細かいチェックならおまかせあれ」
「リーダー経験あり。統率力に自信あり」

Aあなたのやりたいことは?
「幼児に無理のない早期教育を行える教育玩具を開発したい」
「まだ世界に知られていない〜という商品を世間に広めたい」

Bこれまでに体験したユニークな経験はある?
「ヒッチハイクで〜を横断した」
「〜で一人旅をしてきた」

C自分で座右の銘を造る etc...

.

【転職を有利に進めるカンタンな方法について】

※転職は転職支援サイトを使えばとても簡単に進めることができますよ
>>人気ランキングのページ

.

あなたの適正年収をご存知ですか?適性年収を計算してみる