退職の意思を伝える際に気をつけること

【転職に伴う、退職の意思を伝える際に気をつけるべきこと】

●退職の意思を伝える時期について

退職の意思表示の時期としては、民法上では2週間前となっていますが、後進の人選や、引継ぎ業務、担当している業務処理から考えても、最低2ヶ月前くらいには伝えたいところです。ドラマなどでよく、辞表をたたきつける場面を目にしますが、現実的ではありません。

また、繁忙期やにさしかかっている場合や、プロジェクト進行中は出来る限り現職に貢献できるようにし、それらが過ぎてから意思表示をするのが望ましいでしょう。さらに、あなたの会社の就業規則を確認しておき、退職に関して定められたルールを確認しておく必要があります。


●最初に、誰に伝えるべきか?

まずは、あなたの直属の上司(課長、店長、営業所長 etc...)に話し合いの場を設けてもらい、直接口頭で相談することが望ましいです。その際、会社の不満などがある場合も本音は自分の中にしまっておいて、個人的な理由であることを伝えておけば、上司の理解も得られやすいでしょう。(不平不満はトラブルの原因となりかねません)

退職日についても、自分で勝手に決めて伝えるのではなく「相談」という形にし、自分の都合と会社の都合双方から考えて決定するようにしましょう。

円満退社のためには、最初が肝心です。 波風を立てない時期と、方法、言葉を選びましょう

.

【転職を有利に進めるカンタンな方法について】

※転職は転職支援サイトを使えばとても簡単に進めることができますよ
>>人気ランキングのページ

.

あなたの適正年収をご存知ですか?適性年収を計算してみる