失業保険の基本手当の受給期間延長について

〜ハローワーク 「受給者のしおり」より〜

受給期間の延長とは

1、「受給期間」は、原則として離職した日の翌日から1年間です。ただし、この1年間に病気、けが、妊娠、出産、育児、親族の介護などの理由で、引き続き30日以上職業に就くことが出来ない状態があるときは、その間は基本手当の対象とはなりませんが、その「職業に就くことが出来ない日数」を本来の受給期間に加えることができます。

これを、「<受給期間の延長」といい、受給期間に加えることが出来る日数は最大限3年間です。

2、受給期間延長の申請は、病気などにより職業に就くことが出来ない状態が30日継続した日の翌日から1ヶ月以内です。

手続きには、必要な書類として、受給期間延長申請書、受給資格者証 (代理人または郵送可)、添付書類、証明書として母子手帳、診断書などが必要です。

.

【転職を有利に進めるカンタンな方法について】

※転職は転職支援サイトを使えばとても簡単に進めることができますよ
>>人気ランキングのページ

.

あなたの適正年収をご存知ですか?適性年収を計算してみる