転職・再就職戦略を立てよう〜30歳代〜

【30歳代の転職・再就職戦略】

30代は人生で最も商品力が強くなる年代である。これは、経験・キャリアとして、あるいは専門家として世間が認知してくれるということを意味する。このところが20代までとは異なってくる。

最も商品力が高くなる年代であるがゆえに、ハローワーク、人材銀行、人材紹介会社に登録すると20代と同様に多くの求人情報が集まってくるが、これが結構悩ましい。

まず、子供が小さい、住宅などのローンが残っている。その上、万が一の事態(今後、再び転職、再就を考えることになったり、リストラにあうと、その頃には商品力が低い年を迎えてしまっている)にも備える必要がある。最低限、この2つの条件を満たす再就職先を探すからだ。

30代だから、すべての人が市場性の高い職種の経験者ばかりとは当然のことながらいえない。市場性の低い職種しか経験していない人もいる。自分の今までの職歴・経験から、市場性について考え、客観的な視点を持っていることも必要だ。

それらのことを踏まえ、転職・再就職活動を行う必要があるが、高給料である事と、高市場性の職種である事の両方を満足させる職に就くことが困難な場合、その後のことも考え、後者を優先させることが望ましい。

.

【転職を有利に進めるカンタンな方法について】

※転職は転職支援サイトを使えばとても簡単に進めることができますよ
>>人気ランキングのページ

.

あなたの適正年収をご存知ですか?適性年収を計算してみる