ツアーコンダクターに転職するには

【ツアーコンダクターってどんな仕事?】

ツアーコンダクターは、旅行会社が企画する国内外への旅行団体(パックツアー)に出発から帰着まで付き添い、旅行客の世話をしたり、旅行中に発生するさまざまな手続きを客に代わって行うことが仕事で、女性が多く活躍する職種でもあります。

ツアーコンダクターは、仕事でいろいろな国へいけるため、憧れる人が多い職種です。しかし、仕事の内容はかなりハード。旅行に伴う交通チケットの手配や荷物の管理、観光案内までこなすこともあり、ときによっては客の苦情に応対しなければなりません。夜になってホテルにチェックインしたあとも、ツアーコンダクターは翌日以降の旅程を円滑に進めるための準備をしているのです。


●ツアーコンダクターに転職するには

ツアーコンダクターになるには、「旅程管理業務主任者」という資格が必要です。これは、試験ではなく定められた研修を受け、実務経験を積むことで取得できる資格です。旅行会社に所属するツアーコンダクターもいますが、大抵の場合、資格の習得後、ツアーコンダクターの派遣会社に登録し、旅行会社からの依頼によって旅行添乗の仕事を行うことになります。

旅行客は、日常生活から離れて旅を楽しみたいと考えています。ツアーコンダクターには、そんな客に満足してもらうことを喜びと感じる旺盛なサービス精神、長い旅行期間を乗り切る体力、そして客を無事に連れ帰る責任感が必要となります。

●ツアーコンダクターに転職するために必要な資格  旅程管理業務主任者

この資格を取るためには、旅行会社に入るか、ツアーコンダクター派遣会社に登録し、旅程管理業務主任者研修を受け、その後添乗実務経験を積む必要があります。また、旅行業界外の未経験者がツアーコンダクターを目指す場合には、最初に日本添乗サービス協会の実施する基礎添乗業務研修を受けなければなりません。

.

【転職を有利に進めるカンタンな方法について】

※転職は転職支援サイトを使えばとても簡単に進めることができますよ
>>人気ランキングのページ

.

あなたの適正年収をご存知ですか?適性年収を計算してみる