看護師に転職するには

【看護師ってどんな仕事】

誰もが一度はお世話になったことがある看護師さん。白衣にナース帽スタイルで颯爽と病院の中を歩いている姿に憧れる人も多いでしょう。看護士は、医師の指示に従って治療や検査をしたり、患者の病状を管理して、適確な看護をするのが仕事です。また、入院している患者に、食事、入浴、トイレなどの日常生活の援助も行います。

仕事内容がとても広範囲にわたる上、3交代制で夜勤があるなど、勤務時間が不規則で非常に重労働。それでも看護師を目指す人が絶えないのは、医療の最前線で、人の命を救う仕事にやりがいを感じる人が多いからでしょう。

●看護師に転職するには

看護師になるには、高校を卒業した後、所定期間の専門教育を受け、国家試験に合格しなくてはいません。教育機関は大学、短期大学、専門学校などがありますが、人気の職業ですから入試倍率が高く、全国平均でも約5倍と、かなりの高倍率になっています。

また、学校で学ぶ内容も、一般的な教養科目から医学、看護学まで幅広いもので、熱心に取り組まなければ優秀な成績を修めることは難しいでしょう。
もしあなたが努力を重ねて、看護師として医療現場に立つことが出来たなら、そこでは専門知識や技術だけではなく、患者の病状を冷静に観察、判断する力や、患者を励ましていくコミュニケーションの力も必要になるでしょう。目の前で患者の生死に立ち会う機会だってあるかもしれません。

看護師に転職するなら、このような厳しい仕事の中でも、人の命を救いたいという信念を貫く強さを養っていくことこそが大切なこととなります。


●看護師に転職するに必要な資格  看護師資格

看護師になるためには、厚生労働大臣による国家試験に合格し、免許を受けることが必要です。正看護師・准看護師の二つがありますが、准看護師は職務に制限が多いため、正看護師を目指す人のほうが多いのが現状です。

看護の仕事

.

【転職を有利に進めるカンタンな方法について】

※転職は転職支援サイトを使えばとても簡単に進めることができますよ
>>人気ランキングのページ

.

あなたの適正年収をご存知ですか?適性年収を計算してみる