医者に転職するには

【医者ってどんな仕事?】

病気にかかった人を治療し、私たちが健康な生活を送るためのサポートをする、それが医者の仕事です。医者の仕事は大きくふたつに分かれます。実際に患者に接して治療を行う臨床医学と、病気についての研究を行う基礎医学ですが、私たちが「医者」と聞いて最初に考えるのは「臨床医」のことです。そこで、臨床医の仕事を紹介します。

臨床医は、患者に問診、内診、検査を行ったのち、適切な計画を立てて治療します。治療後障害が残った患者にはリハビリの指示をしますし、健康な人に対しては病気の予防も行います。
それぞれの医療行為は、専門スタッフが行いますが、医者は患者の状態を総合的に判断し、各スタッフに適確な指示を出さなくてはいけませんから、その責任は大変重いものです。

●医者に転職するには

医者のなるには、医師国家試験に合格する必要があります。これを受けるには、まず大学の医学部医学科で6年間の専門教育をうけなければなりません。医学部といえば、大学受験の中でも最も難関とされる学部。合格するためには、数学、理科などの理系科目だけではなく、志望大学の入試に必要な全科目のすべてで高水準の実力をつけておく必要があります。

また、医者の仕事は、人の命を預かるものですから、正しい医学の知識と高い医療技術を持つと同時に、一刻を争う適確な処置を行う判断力と行動力が必要です。そして何よりも大切なのが、病人をいたわる優しさです。


●医者に転職するために必要な資格  医師免許

医師国家試験に合格すれば取得できます。合格後は2年間の臨床研修が義務づけられています。

医師求人サイトはこちらです。もう一つ、医師求人サイトもあわせてどうぞ。

.

【転職を有利に進めるカンタンな方法について】

※転職は転職支援サイトを使えばとても簡単に進めることができますよ
>>人気ランキングのページ

.

あなたの適正年収をご存知ですか?適性年収を計算してみる