社会保険労務士に転職するには

【社会保険労務士とはどんな仕事?】

社会保険労務士とは、会社にとっての財産である人材に関するエキスパートです。
中小企業の事情主や総務・人事部などに代わって、労働・社会保険諸法令に基づく申請書や届出書、会社の賃金台帳や労働者名簿、出勤簿、就業規則などの書類を作成したり、社会保険への新規加入、労働保険料概算、確定申告、傷病手当金の支給などの書類提出・手続きを行う仕事を主に行います。

さらに、採用、労働契約、賃金体系、福利厚生、年金、人事管理などの相談・指導をするコンサルタントや、裁判までには至らないような個別の労働に関するトラブルを解決する紛争調整委員へのあっせん代理人としての需要も、近年高まりつつあります。


●社会保険労務士、職業診断

なれるまでの期間:6ヶ月〜2年
資格手当て:5,000円〜3万円
推定年収:300万〜1000万円
勤務時間:8〜10時間

●社会保険労務士に転職するために必要な資格:社会保険労務士

試験合格後、労働社会保険関係の事務2年以上の経験が必要です。独立開業と企業に属して働くケースとがあります。また近年、社会保険労務士法人制度が設けられ、共同法人をつくることも可能になりました。

.

【転職を有利に進めるカンタンな方法について】

※転職は転職支援サイトを使えばとても簡単に進めることができますよ
>>人気ランキングのページ

.

あなたの適正年収をご存知ですか?適性年収を計算してみる