経営コンサルタント(中小企業診断士)に転職するには

【経営コンサルタント(中小企業診断士)とはどんな仕事?】

以前は企業の現状分析や業績回復が主な仕事でしたが、現在では会社設立からビジネスプランの立案、資金調達、生産管理、技術開発、人材マネジメント、マーケティング戦略までと、幅広い業務となっています。

依頼主である企業の業種も多岐にわたり、商店街といった街そのものをコンサルティングすることもあります。また近年、中小企業を支援する公的機関が増え、これらの中小企業支援センターでの相談業務や、企業や自治体への講演活動なども経営コンサルタントの職域となっています。経営コンサルタントに求められるのは、依頼主への想いと客観的に物事を見る冷静さ、そして知識への欲求。冒険心、好奇心を持つ人におすすめの職業です。


●経営コンサルタント(中小企業診断士)、職業診断

なれるまでの期間:1〜4年
推定年収:350万〜1500万円
勤務時間:10〜13時間
休日:土日、祝日(休日出勤あり)

●経営コンサルタント(中小企業診断士)に転職するために必要な資格:中小企業診断士

1次・2次試験合格後、15日間の実務補修を行い登録。コンサルタント会社社員の他、その知識を一般企業でもいかす人が多くいます。
しかし、中小企業診断士の資格だけで自らの会社を起業したり、フリーで活動している人は少なく、他の資格とあわせることで活きてくる資格です。

.

【転職を有利に進めるカンタンな方法について】

※転職は転職支援サイトを使えばとても簡単に進めることができますよ
>>人気ランキングのページ

.

あなたの適正年収をご存知ですか?適性年収を計算してみる