行政書士に転職するには

【行政書士とはどんな仕事?】

企業や個人から依頼を受け、役所などに提出するための書類作成業務が行政書士の代表的な仕事です。行政書士が作成可能な書類は1万点以上と言われ、これが別名「代書屋」と呼ばれるゆえんです。

また、2001年の行政書士法改正により、認可申請手続きや契約その他に関する書類作成への代理権も盛り込まれ、権限や役割がさらに拡大。そのため、近年ではコンサルティング業務や契約代理業務の比率も増えています。

さらに、英語が堪能ならば、外資系企業を相手に在留資格や契約代理まで一括して請け負うことも可能。また、各種法令の専門知識があれば、行政書士が解決できる法的トラブルも少なくありません。


●行政書士、職業診断

なれるまでの期間:1年〜2年
年収:〜1000万円
勤務時間:9〜12時間
休日:土日、祝日


●行政書士に転職するために必要な資格:行政書士

個人や企業に雇用されて業務を行うのは禁止されているので、独立開業を目指す人向きです。なお弁護士・弁理士・税理士・公認会計士の有資格者、公務員として20年以上、行政事務に従事したものは登録のみで行政書士になることができます。

.

【転職を有利に進めるカンタンな方法について】

※転職は転職支援サイトを使えばとても簡単に進めることができますよ
>>人気ランキングのページ

.

あなたの適正年収をご存知ですか?適性年収を計算してみる