日本語教師に転職するには

【日本語教師はどんな仕事?】

日本後教師は、外国の人たちに使える日本語を身につけてもらうのが仕事です。さらに日本語だけでなく、日本の文化や社会など幅広く日本を紹介、まさに国際派の仕事です。

日本人ならあたりまえのことでも、外国の人たちに理解してもらうには、かなりの知識と技術が必要です。そのためには、日本語教育能力検定試験に合格するか、420時間以上の日本語教師育成講座を修了していなければなりません。

国内では民間の日本語学校、大学生の留学生センター、ビジネスマン向けの日本語教育機関、大使館など、海外では現地の日本語学校、公的機関が主催する派遣プログラムによる赴任、NPO法人のボランティアなどが活躍の場となります。


●日本語教師、職業診断

なれるまでの期間:3ヶ月〜1年
勤務時間:非常勤のため不明
時給:1500円〜3000円 (非常勤勤務が主となる)


●日本語教師に転職するために必要な資格:必要な資格:日本語教育能力検定、420時間要請講座修了
日本語学校や、大学の留学生別科などでの勤務があるが、ほとんどが非常勤勤務となる。(日本語教師全体の約7割が非常勤講師だといわれています)
海外へは機関によって異なりますが、国際交流基金から派遣されると、待遇は外務省職員とどうとうとなります。

.

【転職を有利に進めるカンタンな方法について】

※転職は転職支援サイトを使えばとても簡単に進めることができますよ
>>人気ランキングのページ

.

あなたの適正年収をご存知ですか?適性年収を計算してみる