ケアマネジャーに転職するには

【ケアマネジャーとは、どんな仕事をする仕事?】

介護や支援を必要とする人々に対し、要介護認定のための訪問調査やケアプランの作成などを行うケアマネジャー。要介護者一人ひとりに、いつ、どんなサービスが必要なのかを組み立てるのが主な仕事で、保険給付対象、または自己負担の介護サービス、ボランティアの協力などを視野に入れて、ケアプランを作成。自治体や介護保険施設との連絡調整も大切な職務となっています。

あくまでもステップアップしてたどり着く職業で、医師や歯科医師、保健師、看護師、社会福祉士、あん摩マッサージ指圧師などの有資格者等で、通算実務経験年数が5年以上かつ、900日以上の者に受験資格が与えられます。


●ケアマネジャー、職業診断

なれるまでの期間:5年〜
必要な資格:介護支援専門員
年収:350万〜800万円
勤務時間:11時間〜13時間

●ケアマネジャーへ転職するための資格  介護支援専門員

介護保険施設とケアプラン作成機関には、ケアマネジャーの配置が必須です。そのため、自治体の福祉担当課や福祉事務所、福祉公社などの公的機関を始め、老人ホームなどの民間企業や医療機関など、その活躍の場は広がってきているので、そういった方向性を持って求職活動にあたるとよいでしょう。

.

【転職を有利に進めるカンタンな方法について】

※転職は転職支援サイトを使えばとても簡単に進めることができますよ
>>人気ランキングのページ

.

あなたの適正年収をご存知ですか?適性年収を計算してみる