社会福祉士に転職するには

【社会福祉士とは、どのような仕事なのでしょうか】

社会福祉士は福祉業務の国家資格で、その職務は「身体上もしくは精神上の障害があること、または環境上の理由により日常生活を営むのに支障がある者の福祉に関する相談に応じ、助言、指導、その他の援助を行うこと」となっています。

仕事の範囲は、福祉全般。職域は広く、福祉事務所や児童相談所といった行政・社会福祉関連機関、救護・更正施設といった生活保護、老人ホームなどの高齢者施設、さらには母子施設や障害者施設、医療の分野にまでわたります。

また、社会福祉士は判断能力が不十分な人々の財産管理などを行う成年後見人にもなれるため、社会的な需要はさらに増えてきています。


●ケアマネジャー、職業診断

なれるまでの期間:1〜5年
必要な資格:社会福祉士
推定年収:300万〜800万
勤務時間:8〜10時間


●ケアマネジャーに転職するための資格  社会福祉士

資格がなくても福祉の仕事は出来ますが、とりわけ相談業務に関しては、ほとんどの施設で有資格者が前提となっています。また、福祉関連団体に所属するなど活動範囲を広げる面でも、資格保持は有利といえます。

.

【転職を有利に進めるカンタンな方法について】

※転職は転職支援サイトを使えばとても簡単に進めることができますよ
>>人気ランキングのページ

.

あなたの適正年収をご存知ですか?適性年収を計算してみる