マンション管理士に転職するには

【マンション管理士に転職するには】

今や10人にひとりがマンションに住むような時代。しかし、マンションの「管理」についてはあまり知られていないのが実情。本来、30戸の分譲マンションであれば、その30戸を買った30人の区分所有者が管理組合を組織し、管理していくことになります。

しかし、現実では管理業者に一任され、管理組合自体が機能していないケースがほとんどです。そのためのトラブルも多く、これらを解決するため2000年に施行されたのが「マンションの管理の適正化の推進に関する法律」で、マンション管理士はこの法律によって生まれた国家資格です。管理費用、騒音、老朽化による修繕など、管理組合の相談にのり、管理の適正化を図るのが主な業務となります。


●マンション管理士、職業判断

なれるまでの期間:1年〜2年
資格手当:2000円〜1万円
勤務時間:9時間〜12時間
休日:土日、祝日


●マンション管理士に転職するのに必要な資格:マンション管理士試験

マンション管理士試験に合格し、不動産会社やゼネコンなどに勤務し、専門知識を活かすケースが多いですが、マンション生活者の増加に伴い、社会的認知やニーズは年々高まっています。
また、建築士や司法書士資格などと併用すれば独立開業も夢ではありません。

.

【転職を有利に進めるカンタンな方法について】

※転職は転職支援サイトを使えばとても簡単に進めることができますよ
>>人気ランキングのページ

.

あなたの適正年収をご存知ですか?適性年収を計算してみる