ファイナンシャルプランナーに転職するには

【ファイナンシャルプランナーとはどんな仕事でしょうか?】

ファイナンシャルプランナーは、個人資産の運用計画を立案するスペシャリストです。貯蓄・債権・株式などの金融資産、住宅ローンや物品購入ローン、子供の教育資金、生保・損保商品などの組み立て、さまざまな税金、老後の公的年金や医療保障、そして死後の遺産相続や事業継承…。

ファイナンシャルプランナーは、ひとりの人間の誕生から死後にいたるまで、個人の資産設計をトータルにプランニングするのが主な仕事です。生保や損保、金融、不動産といった企業、また税理士事務所などに所属して知識を活かすケースが多いですが、独立開業して顧客の相談やセミナー講師、雑誌への執筆などを行っている人もいます。


●ファイナンシャルプランナー、職業診断

なれるまでの期間:3ヶ月〜1年
年収:300万円〜800万円
勤務時間:9〜11時間
休日:土日、祝日(休日出勤有り)


●ファイナンシャルプランナーに転職するために必要な資格:AFP資格、CFP資格、FP技能士1級〜3級

国家資格のFP技能士1〜3級の他、日本FP協会認定のAFP資格(基礎)とCFP資格(上級)とがあります。仕事をしていく上では、資格取得だけでなく、実務経験や経済・不動産などの知識と継続的な勉強も必須です。

.

【転職を有利に進めるカンタンな方法について】

※転職は転職支援サイトを使えばとても簡単に進めることができますよ
>>人気ランキングのページ

.

あなたの適正年収をご存知ですか?適性年収を計算してみる