退職理由の伝え方

【円満退社が良い転職への第一歩です】

退職の意思は「直属の上司に口頭で伝える」のが原則ですが、その上司の理解を得られるように誠意を持って、明確に退職の意思を伝えるために気をつけたいポイントを挙げてみます。

そして、退職日を話し合い退職願を提出しましょう。間違っても、いきなり退職届を社長に叩きつける事のないようにしましょう。


@退職話を切り出すタイミングを計る

上司の仕事が込み合っていない時間帯や昼休みなどに「ご相談したいことがあるのですが…」「お話したいことがあるので、お時間をとっていただけませんでしょうか?」と切り出すのが良いと思います。

A転職に関する前向きな気持ちを伝える

転職することがアナタのためになると思われるような話にしよう

B会社の愚痴や不平不満は厳禁

円満退社のために一番重要なことです。


C慰留されても、結論をだらだらと先延ばしにしない

期待される社員であったり、会社の人材不足など、どうしてもアナタの退職の意思を覆したい会社が使う手として、退職日を先延ばしにしようとする作戦があります。

慰留し、「まぁ、考えておいてくれ」なんていうのは、よく聞かれる言葉です。何回も退職の話を切り出しにくいですので、会社側に慰留されても、ながながと先延ばしにしないよう心がけましょう。


退職理由の好ましい伝え方

「自分の資格を生かせる職に就きたいからです」
「自分自身を見つめなおすために、1から新しい環境でやってみたいからです」
「一生懸命努力しましたが、自分の限界を感じたので、別の道に進もうと思っています」


退職理由として好ましくない伝え方

「人間関係に疲れました」 (嫌いな人がいます etc)
「今の仕事が楽しくなくなったからです」
「給料や待遇がよくないからです」

.

【転職を有利に進めるカンタンな方法について】

※転職は転職支援サイトを使えばとても簡単に進めることができますよ
>>人気ランキングのページ

.

あなたの適正年収をご存知ですか?適性年収を計算してみる