面接時の自己PRについて

【自分の強みを簡潔に伝えられるように】

面接担当者は、あなたの性格を知りたいというよりはむしろ、「どんな仕事ができるか」を知りたいと思っている。つまり、面接試験での自己PRでは自分の性格をただ述べて終わりにするのではなく、「私は緻密な性格なので、仕事をするときには計画性の部分で力を発揮できると思います」などのように、その性格が仕事にどうつながるかについて触れることが大事です。

一度、面接試験の前に自己PR文を書いてみることをおすすめします。自分で認識している性格を挙げ、転職を希望する職種に有利となる点とあわせて述べられるようにしておきます。自己PRはだいたい1分程度の簡潔なものが望ましいので、文字数にして約400字程度になるようにして作成してみましょう。
どの職種にも使えるものというのは難しいので、複数応募する際はそれぞれ異なったものを用意する必要があります。

●こんな自己PRは避けよう

  • これまでの人生を延々と述べる
  • 自分の性格について嘆いたり、恥じたり、自己卑下する
  • ありきたりなことを述べ、意欲が感じられない

企業側の関心は、あなたの「性格」よりは「仕事の可能性」にある。自己PRは、将来の可能性を感じさせる内容にするとアピール度が高くなります。

.

【転職を有利に進めるカンタンな方法について】

※転職は転職支援サイトを使えばとても簡単に進めることができますよ
>>人気ランキングのページ

.

あなたの適正年収をご存知ですか?適性年収を計算してみる