システムエンジニア(SE)に転職するには

【システムエンジニア(SE)ってどんな仕事?】

システムエンジニア(SE)は、コンピュータによるシステムを作る技術者のことで、略してSEとも呼ばれています。よく耳にする職業ですが、実際にどんな仕事をしているかというと、よく知らない人が多いのではないでしょうか?

システムエンジニア(SE)の仕事は、依頼者から「コンピュータをこんな風に使いたい」という希望を聞き、コンピュータ本体や周辺機器、ソフト、ネットワークなどを組み合わせて、依頼者の希望通りのコンピュータシステムを設計すること。だから、プログラムだけを作るプログラマーとはちょっと違います。

今は、会社や学校だけでなく、銀行のATMや放送システムなど、様々な分野でコンピュータシステムが活躍しているので、それぞれの分野ごとに専門でシステムを作るシステムエンジニアが増えています。


●システムエンジニア(SE)に転職するには

システムエンジニアはコンピュータのプロ。だから、この仕事をするためには、コンピュータの専門技術と知識が必要です。ただし、システムエンジニアの仕事は、相手の希望に沿ったシステムを作ることですから、仕事相手ときちんと話ができることが大前提です。コンピュータの知識のみならず、他人とのコミュニケーションをとる能力や一般常識についても積極的に学ぶ必要があります。


●システムエンジニア(SE)に転職するために必要な資格  基本情報技術者試験

国が認定する資格で、コンピュータ技術者になるなら絶対必要!といってもいいくらい大事な資格です。最近では、大学生の間に受験する人も多いようです。

IT・デジタル系に転職希望者のためのサイトも参考になります。こちらも、IT系の転職サイトです。あわせてどうぞ!

.

【転職を有利に進めるカンタンな方法について】

※転職は転職支援サイトを使えばとても簡単に進めることができますよ
>>人気ランキングのページ

.

あなたの適正年収をご存知ですか?適性年収を計算してみる