各都道府県のUターン・Iターン窓口

Uターン転職:転職の際、地元に戻って働くことの通称
Iターン転職:転職の際、見知らぬ地方で働くことの通称

地方への回帰志向の影響なのか、田舎暮らしへのあこがれが故なのか、最近は転職先を地元に求めるUターン転職や、見知らぬ地方に転職を求めるIターン転職が人気があるようです。

最近では、インターネットの普及により、以前よりはるかに情報量を仕入れることができますが、その他にも地方の転職・求人情報の入手方法を見てみましょう。

@転職情報誌の地方版
A地方紙の求人情報
Bハローワークのオンライン
C各都道府県のUターン、Iターン窓口

Uターン・Iターン転職のための窓口一覧

北海道
北海道IJU(移住)情報センター
03-3217-0641
北海道のUターン
札幌のUターン

青森
あおもりUターンセンター
03-3271-0700

岩手
岩手県Uターンセンター(東京事務所)
03-3524-8284

宮城
宮城県東京事務所内東京情報センター
03-5212-9048

秋田
秋田県東京事務所別室Aターンプラザ秋田
0120-122-255

山形<
山形県Uターン情報センター
03-3504-2717

福島
ふるさと福島就職情報センター
03-3834-6230

茨城
いばらき雇用情報センター
03-3231-1839

栃木
とちぎ雇用情報センター ぶーめらん とちぎ
03-3215-4068

群馬前橋公共職業安定所
027-234-8609

埼玉
川口公共職業安定所
048-251-2901

千葉
千葉公共職業安定所
043-242-1181

神奈川
横浜公共職業安定所
045-663-86

新潟
にいがたUターン情報センター
03-5771-7713
新潟のUターン

富山
富山県東京Uターン情報センター
03-3816-1655
富山のUターン

石川
石川県東京Uターン相談室
03-5212-9016

福井
福井Uターンセンター(東京事務所)
03-3201-4668

山梨
ふるさと山梨就職相談室
03-3216-2630

長野
長野県東京事務所Iターン相談室
03-3211-1335

岐阜
岐阜県東京事務所内東京Uターンコーナー
03-5212-9021

静岡
静岡Uターン就職情報センター
03-5212-9035

愛知
愛知労働局職業安定所
052-219-5505

三重
マイライフ三重人材Uターンセンター
03-5212-9065

滋賀
滋賀県東京事務所
03-5212-9107

京都
京都Uターンセンター
075-451-8609

大阪
大阪東公共職業安定所
06-6942-4771

兵庫
兵庫学生・Uターン就職支援センター
078-351-3371

奈良
奈良公共職業安定所
0742-36-1601

和歌山
きのくにUターンセンター(東京事務所)
03-5212-9057

鳥取<
ふるさと鳥取Uターンコーナー(東京事務所)
03-5215-5117

島根
東京ふるさと雇用情報センター
0120-60-2357

岡山
ふるさと岡山就職相談コーナー
03-5212-9081

広島
広島県ふるさと就職情報コーナー
03-5333-8550

山口
ふるさと山口・東京Uターン相談コーナー
03-3231-1863

徳島
徳島県Uターンコーナー
03-5212-9022

香川
香川県東京人材Uターンコーナー
03-3231-4840

愛媛
愛媛県Uターン求人情報コーナー(東京事務所)
03-5212-9071

高知
高知県東京事務所
0120-103-248

福岡
ふる里人材Uターンコーナー(東京事務所)
03-3261-9861
福岡のUターン

佐賀
佐賀県東京事務所
03-5212-9073

長崎
長崎県東京事務所
03-5212-9025

熊本
銀座熊本館
0120-131-592

大分
豊の国Uターンコーナー(大分県東京事務所)
03-3501-0261

宮崎
ふるさと宮崎就職相談窓口(東京事務所)
03-5212-9007

鹿児島
ふるさと人材相談室(東京事務所)
03-3506-9177

沖縄
沖縄県丁商工労働部職業安定課
098-866-2354
沖縄のUターン

●Uターン転職、Iターン転職を成功に導くコツ

@「田舎」ならどうにかなる。という甘い考えは持たないこと

「都会でのハードな仕事にはついていけない。田舎の会社でゆっくり、楽に仕事がしたい。」といった甘い考えは捨てましょう。人事担当者も、応募者のそういった心理を感じ取ります。
どこの企業も、やる気があって仕事を頑張る人材を欲しいのは当然のことながら、「田舎」は都会よりも仕事が楽だというのは間違った考え方でしょう。

Aその企業のためだけでなく、その地方のために働きたいという意欲を持つ

「御社のためにというのはもちろんですが、この地方のための力にもなりたい」という姿勢は、人事担当者に大きなアピールとなるなずです。
なぜ、その企業を選んだのか、なぜ、その地方を選んだのかということも織り交ぜながら話を出来るようにしておくと良いでしょう。

B面接などの試験を効率的な日程組みにする

移動や宿泊に、時間や費用がかかるので、複数の企業に応募するなら、面接日を同日もしくは、連続した日になるように日程の管理をしましょう。

C人脈や、コネクションを利用する

都市部に比べて、人間関係が密なので、人脈やコネクションは大きな武器となります。Uターン転職がきぼうなら、地元の友人や親戚、恩師などに転職する旨を伝えておくとよいでしょう。

.

【転職を有利に進めるカンタンな方法について】

※転職は転職支援サイトを使えばとても簡単に進めることができますよ
>>人気ランキングのページ

.

あなたの適正年収をご存知ですか?適性年収を計算してみる