転職回数が多い人の場合

【転職回数が多い人の職務経歴書の書き方・ポイント】

たいてい、求職者が過去に何度も転職を繰り返していると知ると、忍耐力が足りないのではないか、コミュニケーション力に問題があるのではないかなどと疑われてしまいます。たとえ、転職の一つひとつに意味があっても、採用担当者はやはり、疑惑の目を持ってしまうでしょう。

そこで、採用担当者の不安を解消するための職務経歴書の書き方のポイントを押さえ、マイナス評価を受けないようにする必要があります。

@資格、特技、知識、技術などを出来る限り多く記載し、多能・多才であることをアピールする

Aこれまでの職歴から得た、多種にわたる実務能力をアピールする

B希望職種と関連のある職種は強調して見せるようにする
(関連のない業界を転職してきた場合は、希望職種に近い職歴を中心に詳しく書く)

C志望動機、自己PRを充実させる
(これまでの転職がキャリアアップを目指したものであったことを明記する。特に、前職の退職理由は「一身上の都合」とせずに、具体的な理由を記す)

これらの書き方のポイントを押さえた職務経歴書を作成し、ライバルに差をつけましょう!

.

【転職を有利に進めるカンタンな方法について】

※転職は転職支援サイトを使えばとても簡単に進めることができますよ
>>人気ランキングのページ

.

あなたの適正年収をご存知ですか?適性年収を計算してみる