フリーター期間がある場合

【フリーター期間があった場合の職務経歴書の書き方・ポイント】

採用担当者が、フリーター期間があった求職者に対して最も気にするのは、正社員ではなくアルバイトを選んだ理由についてです。正社員と比べると、アルバイトやパートの仕事の範囲は狭く、責任の重さは軽いというのは当然で、それらのために、パートやアルバイトを選択したのかと思われてしまう可能性は高いでしょう。

ですから、採用担当者を納得させられるような理由がなければ、採用が難しくなってしまいます。どうしてフリーターでいたのか、そしてそこで得た知識や能力をアピールできるよう、準備しておきましょう。

職務経歴書の形式は自由ですので、一般的には職歴として扱われないアルバイトやパートの経験でも、職務欄に書き込んでもかまいません。今までの経験から自己アピールにつながるものは書いておくべきです。

また、短期アルバイトの経験をたくさん書くよりも、長期のアルバイトの方が印象はよいので、長期のアルバイトに重点を置いて書くようにすると良いでしょう。

これらの書き方のポイントを押さえた職務経歴書を作成し、ライバルに差をつけましょう!

.

【転職を有利に進めるカンタンな方法について】

※転職は転職支援サイトを使えばとても簡単に進めることができますよ
>>人気ランキングのページ

.

あなたの適正年収をご存知ですか?適性年収を計算してみる