天気予報士に転職するには

【天気予報士とはどんな仕事?】

「天気予報士」と聞くと「テレビのお天気キャスター」を連想する人は多いでしょう。しかし、現代は製造業、流通業、レジャー産業、農業、漁業など非常に多くの分野で、それぞれの分野に特化した気象情報が求められるようになりました。これらに応じた気象情報を提供するのが、気象予報士の仕事です。

気象予報士には2種類あり、一つは、気象庁に所属する気象技術者で、国家公務員です。そしてもう一つは、民間の気象予報会社などに所属する気象予報士で、気象庁が出す天気図や観測データを解析し、民間の気象予報サービスで発表したり、企業などの求めに対応する気象予測を行います。最近特にニーズが高まり人気が出ているのは、この民間の気象予報士です。


●予報士に転職するには?

民間などの気象予報士になるためには、気象予報士国家試験に合格しなければなりません。受験資格は特にありませんが、気象についての専門知識が問われるため、合格率は5%前後とかなりの難関です。それでも、努力して学生の間に気象予報士の資格を取っている人もいます。ちなみに、これまでの最年少合格記録は、なんと14歳です。

一方、気象庁に入るには、気象予報士試験ではなく、国家公務員試験に合格するか、気象大学を卒業する必要があります。

気象予報士に転職するには、気象をはじめとした自然現象に強い関心を持つことが大切。また、気象データの分析には優れた観察力や注意力が求められます。そして、気象情報が多くの人々の生活を守っていることを自覚し、社会に貢献する使命感を持つ人がふさわしいといえるでしょう。

●気象予報士に転職するために必要な資格  気象予報士

民間などの気象予報士に転職するには、財団法人気象業務支援センターが実施する国家試験「気象予報士試験」に合格する必要があります。試験には、予報業務についての一般知識と専門知識を問う学科試験と実技試験があります。ただし、気象に入るには、この試験ではなく、公務員試験を受けるなどの必要があります。

.

【転職を有利に進めるカンタンな方法について】

※転職は転職支援サイトを使えばとても簡単に進めることができますよ
>>人気ランキングのページ

.

あなたの適正年収をご存知ですか?適性年収を計算してみる