「合体式」で職務経歴書を作成するメリット

「合体式」で職務経歴書を作成するメリット

「合体式」とは、「編年式」と「キャリア式」を合体させた形です。
編年式ではインパクトに欠けてしまう、キャリア式ではそれぞれの職歴の期間がわかりにくいなど、双方の欠点を補うことができる書式です。

キャリア式を一歩進めた形式なので、様々な職種で使うことができます。盛り込む要素、アレンジの仕方を自分にとって最もアピールできるように考えて工夫し、アピールを効果的にすることができます。

基本的な構成は、職務経歴の要約を編年式で表したうえで、キャリア式と同様、職歴を職種や職務内容ごとに分類して記載します。職務内容として書くことが多い場合は、要点をまとめて簡潔に書くようにします。

志望職歴と関連する職歴を最初に持ってきて目を引くようにし、アピールしたい専門知識や技術を記載します。その際、今までの実績を数値なども交え、具体的に提示すると良いでしょう。
最も強調したい、注目して欲しいキャリアについては詳しく、それ以外には簡略化してアピールポイントを絞り込み、すっきりとさせ効果的に見せる工夫をするとよいでしょう。

.

【転職を有利に進めるカンタンな方法について】

※転職は転職支援サイトを使えばとても簡単に進めることができますよ
>>人気ランキングのページ

.

あなたの適正年収をご存知ですか?適性年収を計算してみる