「キャリア式」で職務経歴書を書くメリット・デメリット

「キャリア式」で職務経歴書を書くメリット・デメリット

職務経歴書の書式で、キャリア式とは、職種や職務内容でカテゴリーを作ってまとめて書くスタイルを指します。今まで行ってきた業務の時間ではなく、キャリアで区切ってまとめます。

例えば、事務職を今まで行ってきた経歴があるのなら、「人事関連」「経理関連」「総務関連」といったようにカテゴリーを作成し、それぞれの分野で担当した業務を整理して記載します。複数の職務経験がある場合、それぞれ職種ごとの職務内容をアピールポイントを押さえつつまとめて記載します。

カテゴリーの順番、内容についての決まりはなく、希望職種に焦点をあわせて書けるので、最もアピールしたいキャリアを中心に書き、アピールしやすい利点があります。採用担当者側にとっても、求職者の持っているスキル、経験を把握するのに適している書式です。

勤務先は替わっても、同じ職種を続けている人は、ステップアップの結果を効果的に示すことが出来ますし、職能の広さや総合的な能力をアピールするのに適している書式ですが、キャリアが長い人には、キャリアアップを図ってきた過程を伝えるのに少々難がある書式となります。

.

【転職を有利に進めるカンタンな方法について】

※転職は転職支援サイトを使えばとても簡単に進めることができますよ
>>人気ランキングのページ

.

あなたの適正年収をご存知ですか?適性年収を計算してみる