求人情報誌で探す際の注意点

新聞と同じように、手軽に求人情報を得られるのが求人情報誌だ。発刊日はそれぞれの情報誌によって異なるが、週1回、隔週1回など定期的に発売されている。雑誌まるごと1冊、各企業の求人が掲載されており、件数は新聞の求人広告より多い。1件あたりのスペースも新聞より大きく、各求人の情報も新聞より詳しい。新聞の求人広告のなかには「くわしくは就職雑誌『○○』○月号×日号を」と記載されているものがある。新聞の求人広告では伝えきれない情報を、求人情報誌で補うという利用の仕方をしている企業もあるくらいだ。

また、求人件数が多いので、読者が検索しやすいように情報の分類方法も工夫されている。基本的には、一般事務、営業、システムエンジニア、販売など職業別に分類されている。このほか、地域別、沿線別などでも検索できるようになっており、勤務場所にこだわる人には便利だ。また、「上場企業の中途採用計画」などの特集が組まれることもあるので、チェックしておきたい。

求人情報誌は数多く発刊されているが、各誌それぞれ業種やキャリアなどによって読者対象が異なる。自分の希望に合った雑誌を選ぼう。
また、広告料が高額なため、比較的経営の安定した企業を探すのに適している。

.

【転職を有利に進めるカンタンな方法について】

※転職は転職支援サイトを使えばとても簡単に進めることができますよ
>>人気ランキングのページ

.

あなたの適正年収をご存知ですか?適性年収を計算してみる