添付状について

「添付状」とは、簡単に言えば「応募書類を送りますので、どうかご覧ください」といった内容の挨拶文のことです。通常、ビジネス文書を送る際、メインとなる文書のほかに、添付状やあいさつ文を一緒に送る。

ファックスを送る際でも、発信者の氏名、連絡先や氏名を記した「送り状」と共に送る。同様に、採用試験の応募書類にも履歴書と職務経歴書のほかに「添付状」をつけるのがビジネスマナーにもかなっている。

特に決まった書式はありませんが基本的な書式は以下の通りです。

サイズは職務経歴書の大きさに揃える。A4判が最も一般的だ。
基本的に盛り込む内容として

@日付:送付する際はポスト投函日を、手渡す場合は手渡す日を記載。履歴書の日付と同日となるよるに注意する。

A宛名:相手先の企業の社名、部署、担当者名を記載する。

B自分の住所氏名

C表題:「応募のお願い」などと、一目で何のための書類なのかわかるようにする。

D頭語:文頭は、拝啓 から始める。特に丁寧に書く場合、謹啓とする場合もある。

E前文:拝啓の次は「貴社ますますご隆盛のこととお慶び申し上げます」のような前文を入れる。

F応募の意思:○月△日発行の求人情報誌に記載された貴社の求人広告を拝見して応募いたしました。のように、何の媒体を見て応募したのか(または誰の紹介なのか)を明記する。企業も複数のポジションで採用しているのでどのポジションで応募したのかも記入。

G自己紹介:今までの職歴を紹介しながら、自分の能力、知識、実績、キャリアなどをアピールする。長く書くスペースはないので、最もアピールしたいことを書くにとどめる。

H志望動機:応募した企業の魅力を感じた点、応募した理由などを具体的に書く。採用担当者を納得させるには「よく企業研究をしている」と思わせることが必要となる。

I面接の依頼:面接試験を受けさせてもらえるように相手先企業に依頼する。このとき、いっしょに連絡先を記載しておくと親切だ。

J末文:最後に「まずは取り急ぎお願いまで」「なにとぞよろしくお願い申し上げます」のような文を末文として入れる

などを入れておきましょう。ただ、この手紙もなるべく短く、簡潔にするよう心がける。できれば、職務経歴書同様、手書きよりもパソコンのほうがよいでしょうが、一部、保守的な会社の場合は、手紙はいまだに絶対に手書きと思っていることころもあるようですので、会社を見て判断するしかないでしょう。

【PR】
あなたの履歴書・職務経歴書・面接対策は「採用したい人材」と見られる自信がありますか?


●添付状の例

                           平成○○年○月○日
○○株式会社
人事部御中
                           〒179-△△△△
                           東京都○○区△△
                           ×ー×ー×
                           転職 太郎  印


              応募のお願い

拝啓 貴社ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。

○○で求人広告を拝見しお手紙を差し上げています。 

【応募の意思】

                   【自己PR】

                   【志望動機】

                   【面接の依頼】

 つきましてはぜひ、面接の機会を賜りたく履歴書、職務経歴書を送付いたしますので、よろしくご検討、ご配慮のほどお願い申し上げます。

                                                          敬具

.

【転職を有利に進めるカンタンな方法について】

※転職は転職支援サイトを使えばとても簡単に進めることができますよ
>>人気ランキングのページ

.

あなたの適正年収をご存知ですか?適性年収を計算してみる