仕事を辞めてから転職活動をする弊害

転職貧乏という言葉どおり、キャリアアップどころか、結果的にキャリアダウン転職をしてしまうケースが見られます。キャリアダウン転職を阻止するためには計画的な行動が不可欠です。仕事を辞める前に転職活動を開始させましょう。行き当たりばったりでは絶対にうまくいきません。

今現在の仕事が忙しく時間がとれず、現職を辞めてから転職活動をする予定だという人がいます。「今の職を辞めたあと、ハローワークに行って失業給付金をもらいながら転職活動を」と考える人もいます。しかし、実は「自己都合で退職」の場合、雇用保険の失業給付金を受けるまでには、退職後離職票を持って手続きに行った後3ヶ月間の「給付制限期間」があり、退職後3ヶ月間は給付金を受けられません。

現在の仕事を辞めてから転職活動を始める場合は、時間が自由なぶん、迅速な行動をとりやすい。ただ、無収入の生活が長引いた場合、無収入は意外と大きな精神の負担となる。そしてその負担から、、「どこでもいいから収入がえられるところを」と安易に妥協して次の就職先を決めてしまうことになりかねません。その間アルバイトをする人もいますが、かえって転職活動がおろそかになってしまう恐れもあり、あまりおすすめできません。

また、転職活動の際に足元を見られやすくもなり、年収の交渉で圧倒的に不利となってしまいます。場合によっては、向こう見ずの思慮の足りない人と思われるケースもあります。かつ、もしかするとリストラされたのではとも思われ、窺った見方をされてしまいます。どれほど忙しくても、有給休暇を使うなどして転職活動をしたほうがよいのです。もちろん、会社には内定を受け取ってから、退職の旨を伝えることを忘れてはいけません。

それでも会社を辞めて転職活動すると決めた場合は、退社時期を考える際に次の点に注意しましょう。

1、経済的にはどれくらい余裕があるか?
現在の自分の貯蓄状況を見てどれくらい無収入期間が可能かを考えよう。前述の通り、自己都合退職の場合、失業保険給付は4ヶ月間受けられません。

2、失業給付や退職金は?
失業給付も退職金も加入期間や勤続年数によって支給額が変わってくる。退職のタイミングによっては、あと1ヶ月退職を延ばせば支給額が増えたのに、ということも起こり得る。できるだけ損をしない時期を選ぼう。会社の規定などを再度してみましょう。

3、仕事の繁忙期にかかっていないか?
現職に勤めながら就職活動する場合も、現職を辞めてから就職活動する場合も円満退社が大前提。せめて会社の繁忙期と重ならないようにする心配りを。

4、仕事の引継ぎにはどれくらい時間がかかるか?
仕事の内容によって異なるが、どんな仕事でも最低1ヶ月は見ておきたい。

5、中途採用の募集の多い時期か?
中途採用が比較的多くなる時期というのは存在します。この時期に自分の転職活動の時期と重ねることによって、有利に転職活動を進めることができる確率は高まります。

.

【転職を有利に進めるカンタンな方法について】

※転職は転職支援サイトを使えばとても簡単に進めることができますよ
>>人気ランキングのページ

.

あなたの適正年収をご存知ですか?適性年収を計算してみる