あなたの求職ニーズを考えてみよう

あなたの求職ニーズを2つの視点から整理してみましょう。
@自己実現できるには何をすべきか
A金銭的な条件

当然、一般的には求職者の全ては高い給料を求めると考えられているが、高い給料を得るにはそれなりの仕事を要求される。また、自己実現より、金銭的な条件を優先させた結果、その仕事を続ける意欲がそがれやすくなるケースも多々見受けられる。その結果、また転職活動する結果となってしまう。
そこで、金銭面に関して、高い給料が欲しいということではなく、その必要性について考えて、一般的な年代別に見ましょう。


@20代後半〜35歳くらい

まず、子供が小さく、またお金がいる年代です。そして人生の残りも長い。とすると、自己実現の面も収入の面も満足するような転職・再就職をする必要がある。
定年までの時間も、体力も、経験もあるので、人生で最も商品力のある年代ですので、2つの求職ニーズを満足させる転職・再就職を実現できる可能性は高い。


A45歳前後

子供の結婚、住宅のローンなどでまだまだお金がいる年代であるが、残りの時間から、商品力が低くなってきてしまう。2つの欲求の両面を満足させるのは難しくなっており、給料優先型の転職・再就職とならざるを得ないケースが多くなる。ただし、60歳以降どうするのかということも考慮にいれる必要がある。


B55歳以上

子供は独立し、自分たちの老後のために必要な蓄えがあればよいくらいとなる。
今までの頃より金銭的必要性は小さくなる。やりがい、自己実現を中心に考えても問題なくなってくる年代ですので、60歳になっても働ける再就職先を求めることが可能となる。

.

【転職を有利に進めるカンタンな方法について】

※転職は転職支援サイトを使えばとても簡単に進めることができますよ
>>人気ランキングのページ

.

あなたの適正年収をご存知ですか?適性年収を計算してみる