キャリアが短い人のフォローのしかた

【転職の際、今までのキャリアが短い人の職務経歴書の書き方・ポイント】

キャリアが少ないからといって、ほとんど何も記されていない、余白の多い職務経歴書を提出してはいけません。そんな職務経歴書を提出していては、仕事に対する熱意が疑わかねません。

経験の少なさを補うために、今までの経験の一つひとつを丁寧に書くようにしましょう。少ない材料を自己アピールにつなげるために気をつけたいポイントを挙げておきます。

@記載できる要素は何でも記載する(仕事の内容は特に詳しく具体的に書く。資格、特技、会社概要なども盛り込みましょう)

A職場のなかで積極的に取り組んだこと、工夫したこと、提案したこと、発見した仕事のコツなどを記載して、仕事に対する意欲をアピールしましょう。

Bアルバイト、パートの経歴も入れる(希望職種に近いものなら、アルバイト経験もアピールポイントとなります)

C経験の少なさは、熱意で補うべく、志望動機、自己PRを充実させる

これらの書き方のポイントを押さえた職務経歴書を作成し、ライバルに差をつけましょう!

.

【転職を有利に進めるカンタンな方法について】

※転職は転職支援サイトを使えばとても簡単に進めることができますよ
>>人気ランキングのページ

.

あなたの適正年収をご存知ですか?適性年収を計算してみる