問い合わせ電話のかけかた

【問い合わせの電話の応対から、会社の雰囲気を探ろう!】

興味を持った企業が見つかったら、まずは電話での問い合わせをします。求人広告で「電話連絡の上…」となっている場合は当然ですが、明記されていない場合でも、電話をかけ、電話に出た受付の印象や質問に答えてくれた人事担当者の印象から会社の雰囲気を推し量ってみましょう。

電話になかなかでなかったり、応対してくれた人の話し方などで、社員教育がしっかりとなされているかなどある程度の推量はできるものです。


●上手な問い合わせ電話のかけ方

会社側は、電話の段階から面接が始まっていると考えることが多いでしょう。つまり、電話でのファーストコンタクトが、それ以降に良くも悪くも影響を及ぼす可能性がるだけに、電話をかける際のマナーをしっかりと身に付けておく必要があります。
以下に、電話での問い合わせの際の注意点を挙げておきます。

●電話をかける前

@担当者が不在な時でも再度電話できるよう、午前中に電話をするのが望ましい。
Aメモをとれる準備をしておく
B質問する項目をあらかじめ整理しておく

●電話をかける時

@自分の名前を名乗る
Aどこで求人情報を見たのかを述べ、求人広告を見て電話していることを伝える
B求人広告に掲載されている担当部署や担当者を指名して、電話をつないでもらう。もし明記されていないときは、「人事担当の方をお願いします」を話す
C担当者につないでもらったら、再度自分の名前と、求人広告を見たことを伝える
D質問がある場合は、時間をとってもらえるかどうか確認してから質問する


●問い合わせ電話での受け答え 〜サンプル〜

応募者 「私、○○と申しますが、情報誌「○○」で御社の求人広告を拝見いたしました。応募方法についてお聞きしたいと存じますので、担当の方をお願いいたします。」

電話担当者 「少々お待ち下さい」

人事担当者 「はい、お電話替わりました」

応募者 「お忙しいところ大変申し訳ありません。私、○○と申しまして、「○○」で御社の求人広告を拝見しました。応募方法について2、3ご質問させていただきたいのですが、今お時間はよろしいでしょうか」

.

【転職を有利に進めるカンタンな方法について】

※転職は転職支援サイトを使えばとても簡単に進めることができますよ
>>人気ランキングのページ

.

あなたの適正年収をご存知ですか?適性年収を計算してみる