営業職に転職する場合

【営業職に転職する際の職務経歴書の書き方のポイント】

営業の仕事は数字となって表れやすい世界なので、今までのあなたの実績などを挙げ、どんな仕事をしていたかを担当者に知らせる必要があります。どのような情報を盛り込むべきかの書き方のポイントを以下にまとめてみました。

@販売実績、売上高、契約数など具体的な数字を挙げて書く
A営業実績に関する賞などを受賞していたらそれらも実績として記載する
B営業目標はどれくらいで、どの程度達成したのかを数字で表す

そのほかに、「どんな営業をしていたのか」をより具体的に伝えるために以下のポイントもおさえておきたいところです。

C取扱商品(わかりにくい商品であるならば説明も加えたい)
D営業システム(ルートセールス、企画営業、開発営業、代理店営業などの形態について)
E活動地域と顧客対象(担当していた地域と顧客の種類、個人か法人かなど)
F業績(ノルマ、売り上げ、目標及び達成度など)

どんな内容、規模で活動をし、どのような成績、実績を挙げていたかを知らせるとともに、自分の能力をアピールすることで、成功へ近づくことでしょう。

これらの書き方のポイントを押さえた職務経歴書を作成し、ライバルに差をつけましょう!

.

【転職を有利に進めるカンタンな方法について】

※転職は転職支援サイトを使えばとても簡単に進めることができますよ
>>人気ランキングのページ

.

あなたの適正年収をご存知ですか?適性年収を計算してみる