特技・資格欄の記載のポイント

履歴書の各項目の書き方のポイント

●特技・資格欄の書き方のポイント

【特技】

趣味の欄と同様、面接官が質問したくなる、話を聞きたくなるようなものを書きたいところです。そして質問の際の回答を用意しておきます。特技とはその人が自信を持っている特殊な技能のことですが、案外と自分では気がつかないものです。自分史を作成し、客観的に自分を見つめなおしてみましょう。

英語などの資格である程度のスコアを取っているような場合、特技として記載するのも良いでしょう。平均点程度ならば、特技欄に記載するのは避けたほうが無難です。

【資格】

資格には3種類あり、「国家資格」「公的資格」「民間資格」があります。国家資格は教員の資格など、その仕事をするのに必要な資格であり、無資格で仕事をすると罰せられてしまうものです。

公的資格は、旅行業務取扱主任者など、民間団体が試験をして国や地方自治体が認可するものです。これらは業界によって有利になる資格が多いのが特徴です。

民間資格は秘書能力検定など、民間団体や企業が独自の審査基準を設けて任意で認定する資格であり、法律によって制度化されていません。しかしながら、話題になる可能性もありますので忘れずに書くようにしましょう。

.

【転職を有利に進めるカンタンな方法について】

※転職は転職支援サイトを使えばとても簡単に進めることができますよ
>>人気ランキングのページ

.

あなたの適正年収をご存知ですか?適性年収を計算してみる