住所・連絡先欄の記載のポイント

履歴書の各項目の書き方のポイント

●住所・連絡先の書き方のポイント

住所は、同じ都道府県の企業に応募する際も省略せず、都道府県から書き始めます。番地も、正式に「○丁目△番地×号」と書くほうが良いでしょう。アパートの名前も、部屋番号まできちんと書くようにする。

ふりがなは、「ふりがな」と書かれていれば平仮名で書き、「フリガナ」と書かれていれば、片仮名で書きます。番地のところは省略しても構いませんが、読みにくいアパート名などにはふりがなをふっておく方が親切でしょう。また、フリガナは、字の上にきちんと重なるようにします。フリガナだけが大きく踊っているようでは、不注意さを感じさせます。

電話番号は、市外局番から書きます。住所欄の下の「連絡先」欄は、住所以外に連絡先がある場合のみ記載します。

.

【転職を有利に進めるカンタンな方法について】

※転職は転職支援サイトを使えばとても簡単に進めることができますよ
>>人気ランキングのページ

.

あなたの適正年収をご存知ですか?適性年収を計算してみる