履歴書写真の上手な撮り方

【担当者に好感を持たれる写真を撮ろう】

履歴書の第一印象は写真で決まるのが一般的です。どんなに履歴書に記載されている内容が素晴らしくても、写真の印象が悪いと、なかなか良くは見てもらえません。

履歴書写真の印象は、顔の姿形のことではなく、写り方、写し方で決まります。以下に、履歴書写真を撮る際に注意すべきポイントを挙げておきますので、参考にしてください。


●フォーマルな服装で写真を撮る
写真を撮るだけであってもフォーマルな服装で行きましょう。男性であればスーツにネクタイ、髪はしっかりと整髪しておきましょう。髭も無精ひげなどはNGです。紺か黒などのスーツに、シャツは白で無地の物、ネクタイもあまり派手ではないものを選んでおきましょう。女性は、白いブラウスとフォーマルなスーツで、髪はなるべく顔にかからないほうが好感がもたれるでしょう。アクセサリー類はつけないようにしましょう。

●写真撮影時の表情のつくりかた
シャッターが押される寸前まではカメラのレンズから視線をそらせておく。撮る瞬間に視線を合わせるようにすると、厳しい目つきで写ることが避けられます。口を閉じ、顔を引き締め、まじめそうな印象を与えるような表情を作る。欧米風の笑顔での写り方は、一般的な日本の企業では、プラスポイントにはならないでしょう。

.

【転職を有利に進めるカンタンな方法について】

※転職は転職支援サイトを使えばとても簡単に進めることができますよ
>>人気ランキングのページ

.

あなたの適正年収をご存知ですか?適性年収を計算してみる