銀行員に転職するには?

●銀行員とはどんな仕事?

町のあちこちにある銀行は、私たちの生活に欠かせない存在です。ここで働く銀行員には、窓口で顧客の対応をする人とという印象がありますが、実際の銀行員の業務は、もっと幅広いものです。

銀行員は、窓口で預金処理を行う「窓口業務」のほかに、外回りをして顧客(個人・法人顧客)に営業を行う「渉外業務」、顧客にお金を貸し付ける「融資業務」の他、為替や国債の売買業務なども行います。

特に、法人対象の渉外業務は、商品について充分な知識を持ち、相手企業の資金の流れやニーズを把握して、適切な商品の営業を行います。相手企業だけに動く金額は大きく、非常に大変ですがやりがいのある業務です。

また、銀行員の仕事は、融資業務の中でも融資してよいかを決める審査部門、為替業務の中でも特に外国通貨を取引する外国為替部門など、それぞれの業務の中に、さらに専門性の高い業務があるのが特徴です。

銀行員は、金融業界の中でももっとも代表的な職業であり、金融再編の進む今日においても、他業種より安定感があると考える人が多いため、いまだ人気が高く、とくに都市銀行は非常に狭き門になっています。また、中途採用の募集が非常に少なく、ほとんどが大学・短大卒業の新卒採用です。そのため、転職先として銀行を考えている人は、そのことを知った上での活動が必要です。

銀行員は、顧客の大切なお金を預かり、運用するのが仕事です。慎重さ、正確さなどとともに、顧客の信頼を獲得できる、強い責任感を持つべき仕事と言えるでしょう。


●銀行員に転職するために必要な資格  英語検定。簿記など

銀行に入行するためには、特別な資格は必要ありません。また、銀行業務で必要とされる知識は部門によって大きく異なるため、そのための資格は入行後に習得するのが一般的です。しかし、国際化が進む現在の金融業会では英会話力が重視されているため、英語検定やTOEIC試験などを受験し、一定の成績を挙げておく事が役立ちます。また、簿記やファイナンシャルプランナーなどの資格も有効です。

.

【転職を有利に進めるカンタンな方法について】

※転職は転職支援サイトを使えばとても簡単に進めることができますよ
>>人気ランキングのページ

.

あなたの適正年収をご存知ですか?適性年収を計算してみる