タブー・厳禁事項

面接時のタブー・厳禁事項を挙げておきます。面接では、誰でもある程度の緊張はするものですが、そんな時、人は日常の行動・クセが出やすいものです。普段からの心がけが必要です。まずは、あなたの日常をチェックしてみましょう。

@感情むき出しの受け答えをしてしまう

面接官は、本当のあなたを知るために、わざと怒らせたりし感情コントロール能力を測ります。露骨にムッとしたり、怒りをむき出しにした答えをするようでは失格です。

A適切な態度ができない

足を組んだり、腕を組んだりと偉そうな態度を無意識にしてしまう人は意外と多いです。また、横柄な口のきき方、がさつな態度は、かなりのマイナスポイントになってしまいますので、日ごろからのクセ付けが重要です。

B髪の毛をいじるなどのクセが出てしまう

特に女性ですが、髪の毛をいじったり、服のすそを引っ張るなどのクセがある人は要注意です。あまりにも目立つようだと、悪印象を与えかねません。

Cコネをアピールする

コネがあっても、自分から切り出すのは良くありません。聞かれて初めて口に出すのが筋です。

D礼儀知らずなことを話す

その企業の業績が低下しているなど、弱点や企業秘密に触れるような発言、または同業他社の悪口や批判なども、モラル違反です。


☆特に、とっさに出てしまうクセは、自分では気がつきにくいものです。例えば、他の人がやっているのを見て、自分もやってはいないかなど振り返るなど、日ごろから注意しておき必要があります。

.

【転職を有利に進めるカンタンな方法について】

※転職は転職支援サイトを使えばとても簡単に進めることができますよ
>>人気ランキングのページ

.

あなたの適正年収をご存知ですか?適性年収を計算してみる