面接で嫌われる人のパターン

●面接で嫌われる人のケース

今までの経歴や、態度などに問題ななくても「使えない社員」「採用したくない人」と判断されてしまうケースがあります。そのほとんどが無自覚であることが多いので、一度確認してみると良いでしょう。

@前向きな気持ち・意欲が感じられない人

現状維持で良しとし、新たな分野への興味が感じられないと、成長の期待ができません。

A入社希望の動機がはっきりしない人

会社のどこに魅力を感じ、入社後どんなことをしたいのか説明できるようにしておきましょう。

B元気が感じられない。不健康そうな人

元気がないと、成長する期待ができません。周りにも良い影響を与えることはできないと判断されてしまうでしょう。健康でないと、体をこわして休職・退職ともなりかねないので、採用側としては敬遠するでしょう。

C自己中心的な人

チームワークが保てない人は、職場での人間関係も懸念されます。自分は自分、人は人という考え方は、和を重んずる日本社会では受け入れ難いです。そもそも、入社したとしても周りと上手くやっていかないと仕事もうまくいかないでしょう。

Dこれといった魅力が感じられない人

全体として、個性に乏しく、コレといった決定打がないケースです。自分の売りを明確にしておくとそういったことも防げるでしょう。


☆企業側の立場に立って、どんな人材が欲しいのかと考えてみると、「嫌われるケース」が見えてくるでしょう。是非、この人と仕事をしたいと思われるような印象を与えられるようにしましょう。

.

【転職を有利に進めるカンタンな方法について】

※転職は転職支援サイトを使えばとても簡単に進めることができますよ
>>人気ランキングのページ

.

あなたの適正年収をご存知ですか?適性年収を計算してみる