介護士に転職するには

介護士ってどんな仕事?

現在日本では少子高齢化が進み、65歳以上の高齢者が2015年頃には、日本の人口の25%を超えると予測されています。
社会の高齢化が進むにつれ、高齢者の認知症や寝たきりなどが問題となり、2000年から介護保険制度が導入されました。しかし、まだまだ介護の現場を担う人材の数は不足しており、高齢者介護を充実させるための社会のしくみや人材が、強く求められ続けています。介護士は、この分野で活躍するプロフェッショナルなのです。

一口に介護といっても、介護施設で介護に従事するケースと、高齢者の住居を訪問して介護をする在宅介護に従事するケースがあり、それぞれ専門の資格があります。
老人ホームをはじめとする介護の専門施設で働くための視覚が「介護福祉士」です。一方、在宅介護に必要なのは「ホームヘルパー」という資格で、いずれも人材不足が叫ばれ、若い人材が歓迎されています。

しかし、高齢者の介護は想像以上に大変な仕事です。入浴や排泄、食事の世話など、高齢者の身の回りの世話はもちろんのこと、生活のアドバイスや家族への介護指導なども行います。そのためには、福祉に関する専門知識と、医学的な介護技術が必要ですし、さらに高齢者に対する思いやりや忍耐力、体力なども必要です。

このように、介護士の仕事はハードですが、今後の日本社会を支えている大黒柱と呼べる、責任とやり
がいのある仕事です。


介護士に転職するために必要な資格 介護福祉士・ホームヘルパー

福祉の仕事に就くためには、さまざまな専門の資格が求められます。その中でも、介護現場で働くために必要なのがこの2つです。介護福祉士は、介護施設・在宅の両方、ホームヘルパーは在宅介護専門のスペシャリストです。

.

【転職を有利に進めるカンタンな方法について】

※転職は転職支援サイトを使えばとても簡単に進めることができますよ
>>人気ランキングのページ

.

あなたの適正年収をご存知ですか?適性年収を計算してみる