コロナの影響で飲食店の経営はかなり厳しくなっていると思いますが、そんな中で友人がかねてからの念願だった歌って飲めるバーのオープンに向けて動き出しました。

もう何十年も前から夢の実現に向けて準備をしていたので、コロナの影響があっても計画を止めることはなかったそう。

コロナの収束もなかなか実現しない状況なので、もう少し待った方が良いのかも…と思っていましたが、

まさに「ピンチはチャンス」

といった感じで良いことが巡ってきたというのを聞いてちょっと安心。

まずは家賃。

こんな状況の中で飲み屋向けのテナントに入る人が少ないとのことで、通常よりも安く借りれたそうです。

これってまさにピンチはチャンスの好例ではないでしょうか。(いつ値上がりされるかは不明ですが…)

次に、カラオケのレンタル費用。

たまたま情報を探している時に見つけた代理店を通さずにレンタルする方法がハマって、こちらでも固定費を削減。

さらに、コロナに負けるなキャンペーンがあったらしくてさらにお得にレンタルができることになったちのこと。

参考:カラオケレンタルはどこがお得?北24条で安く借りるには

これもコロナがらみですからね。

飲食店の仕入れとかでも良い出来事がありそうな予感。

店舗がオープンしたらまたここでお伝えしたいと思います。